{RC}
COMMENTS
    {RCLOOP1}
  • {RCTITLE}
      {RCLOOP2} ⇒ {RCLINK}{RCNAME}({RCYMD}m/d{/RCYMD}){/RCLINK}
      {/RCLOOP2}
  • {/RCLOOP1}
{/RC}
TRACBACK
LINKS

まさかのトイレでした・・・
驚きました、中国の新幹線のトイレ〔大〕は座る便座デハ無いのでした。
新幹線,広州から桂林北駅までの3時間30分の乗車でした。
何ですがトイレはニホンバシのまたぐ・・・あのトイレです。
此れでは中国の新幹線を紹介できません、中国の新幹線なんです。
田舎のトイレの様なので見て驚きでした。
いまどきの日本の小学生では出来ないと云うと思います。
遊び人も此のトイレでは出来ません,
しかも床は水でビショ濡れです、此れでは女性は嫌がります。
昔の日本のトイレの様です。
〔東南アジアでは当たり前のトイレです〕
しかし、此れではお勧めできませんね。
此れは日本の新幹線のコピーでは無い、中国人専用車の新幹線なんでしょう。


今回の新幹線は速度が250キロが最高速度の高鉄の新幹線です。
広州から桂林駅までの新幹線です。
広州駅を出てから暫くしても?速度は130キロ程度で250キロはなかなか出さないのです。
殆ど直線なのにだらだらと12,30キロで走って居ます。
速度のデジタルが速度をその都度に表示はしていますが250は出しません。
日本ならば250キロを歌っているのならばその数字の近辺に速度を上げるのですが出さないです。
それに日本の新幹線は線路に滑るように、流れるような感覚なんですが!
日本の新幹線とは全く違います、ローカル線の電車よりも振動が変です。
あれは車輪がおかしい?でしょう。
何故か振動の様な細かなこつこつと振動がしているのです。
・・・なんだろうかと?不思議な細かな振動なんです。
遊び人の車でもコンナ振動はしません、レールから伝わる音でしょうねぇ。
仲間の友達も此の音が気になっていたと話していました。
彼も元は技術屋なんで気になったと話していました。
直線のレールからで軋む様な事もないのになんか伝わってくるのです。
三時間半の鉄道、新幹線でしたが変な気分でした。
| しげよし | 20:54 | comments (x) | trackback (x) | 旅、海外旅行お土産 |
帰国便もJAL便でしたので追加のも買い求めました。
帰ってきました。 その2.

寝付いたのが午前の三時過ぎでした。
帰りの交通は羽田空港から東名高速へ、更に130キロ先の沼津インターまでです。
速度も100キロ程度でしたが混雑も無いの二時間弱で到着でした。
大きな荷物を降ろして車は車庫に入れて、ご苦労様でしたと!!!

何とか無事に着きました。
広州のJALのカウンターでは帰りの航空券を丁寧に扱って頂いて感謝いたしました。
?何故?と思われますが遊び人が桂林の水と食事などで油に体が合わなかったのか?
疲れの為に疲労困憊でJALのカウンターで倒れてしまいました、今までにないことで私もびっくりです。
JALのゴールドのカードを出してマイレジーの加算とお願いを始めていたしました。
係りの日本の方がお世話してくれまして航空機の遅延の四時間をラウンジで休ませてもらいました。
その方は羽田空港からのお方で、実は娘が昔のCAをしていましたと話したら驚いていました。
尚の事に丁寧に帰り便の機内までも情報が届いていての心遣いには感謝しています。
帰りの帰国便は可なり飛ばして24時の少し過ぎには羽田空港に到着しました。
遊び人は一番後方の座席にマタマタ移り三時間を休ませて頂きました。
好きな機内食も頂かずにドリンコの水だけでした。
そんな後ろの座席の周辺は空いていました。
CAさんが真ん中の三席に横になったらと小さな声で話しかけてくれましたが其れは断りました。
序に機内販売のJALの限定販売のロクシダンのハンドクリームを次男の嫁さんに買い求めました。
この機内販売では可なり高価なのでしょうか残り全てをお買い上げしました。

中国の桂林のお土産は買うものが無いです。
ので個人用の健康茶とポットを買うテ有為度でした。

今年の11月以降に孫とタイランドに行く予定のリハーサルでした。
孫は女の子で今年四月から6年生です。
以前に娘の孫が二人で来たときのトラブルがあったので女の子の扱いは遊び人には出来ませんので、
父親の息子には同伴するようにと先ほどの夕食の時に伝えてきました。

大きなサプライズが有りました。
孫の高校が決まりましたと連絡が入りました。
特待生での入学だソォ〜です。
孫とも電話でお祝いの言葉を送りました。
序に娘にも喜びの言葉と大好きなハンドクリームも送ると話ました。
JAL便だったので買えたと話、何処に何時テ来たとの誘導尋問でした。
| しげよし | 21:24 | comments (x) | trackback (x) | 旅、海外旅行お土産 |
ベトナムのコーヒーにはまってしまいました。
ハノイのお土産でリス、コーヒー。
ハノイの旧市街で買い求めたベトナムコーヒー、通称、リスコーヒーが大変に喜ばれて、リピート為れても無いです、ネットでも調べて捜したが無かったとの話しでした。
ベトナム、コーヒーは生産地のものは殆どが買い占められていて市場にはたいした量は出ていないとハノイの日本語の話す添乗員さんが話していました。
リスコーヒーは風味が独特でストレートで頂いても、ココアの味がして、濃い味わいが有り更に砂糖とミルクを入れると完璧にココアかと思う程に風味が有りました。
更にミルクかと?思い粘りが有るのでまさか?練乳?と、驚いて居ました。
ミルクと思って居たのは練乳でした、えぇ〜、これは練乳デスと驚き、初体験でした。
コヒーに練乳のミルクを入れるのは本当に初めての体験でした、驚きました。
ココアは好きで疲れた時にはたまに頂きますが作り方は牛乳から始まりますのでベトナムコーヒーとは全く違います。
でも、疲れて居る時にはイイかも。

確かにネットで探しても、更に近ツリのハノイのお土産のカタログには出ては居ても遊び人が買い求めたメーカーのとは違いどちらかと言うと全く知らないメーカーで価格も異常に高価なお値段です、此れでは追加のは此方では買えませんね。
下町のお店では買ったのは世界の知るコーヒー、インスタントの発祥のコーヒーメーカーです。
今度はもっと大きなスーパーで箱買いで買い求めましょうかね。
粉とベトナムの珈琲独特のフィルターも付けてにします。
ベトナムのコーヒー豆にハマってしまいました。
| しげよし | 00:37 | comments (x) | trackback (x) | 旅、海外旅行お土産 |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<<前月 2017年12月 次月>>
PROFILE
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS
      
このページの先頭へ

SEO・SEM