{RC}
COMMENTS
    {RCLOOP1}
  • {RCTITLE}
      {RCLOOP2} ⇒ {RCLINK}{RCNAME}({RCYMD}m/d{/RCYMD}){/RCLINK}
      {/RCLOOP2}
  • {/RCLOOP1}
{/RC}
TRACBACK
LINKS

帰ってきました。 その3.
帰ってきました。 その3.

広州の空港に着いて驚きです、暑いです。
静岡県の気温よりも暑い、何度あるのかと添乗さんに聞くと25度ですと・・・
明日は28度になるとの事です。
空港から暫くは歩きです、汗が額に滝の様です。
あっい〜です、バスに乗り込むと直ぐにクーラーに切り替えてくれました。
へぇ〜クーラーにしてくれました、これは中国にしては大変に珍しい事です。
日本からの情報では年間の平均気温よりも高いとは出てはいましたが、
真夏日のようだとはトテモ、トテモ信じられませんでした
此方は寒いと警戒していて着ている物の温かい素材のヒートテックで、完全武備です。
おまけに機内では冷えるのでと更に備えていましたので空港を降りてからが暑さで参りました。
まさかの始まりは此処からではなかったのです。
其れは回る回転寿司に最後の夕食に注文のタッチパネルで押し間違えたあのうなぎのお寿司でした。
少しためらったのですが”もったいない”の意識が働いて食べたのが触ったのでした。
深夜に家を出てカーナビをパーキングにセツトをしてからゴーでした。
湾岸街道を走っていたら2台のカーナビのソフトの古いほうがした道を教え始めたのが道に迷う最初のトラブルでした。
何とかして3〜40分のパーキングに到着で急いで国際線乗り場に行きました。
らぁ・・・JALのカウンターは大学生のトラベルや、中高年のトラベルでごった返しでした。
受付で済ませてから急いで発券機に向かい、パスポートをかざしてゴーです。
混雑していて漸くのことで搭乗券を握ってA108の乗り場に急ぎます。
殆ど最終の搭乗者でしたがセーフでした。
此れが始まりで何とかトラベルをスタートしたのですがまさかの桂林での気温には。
悩まされて、更には食事の体の胃腸にも負担を掛けてしまいました。

今日のお昼も何時ものおすし屋さんで、胃にやさしい、消化の良いのを四巻だけを頂きました。
味噌汁、アサリの白みその味噌汁が胃にしみます、美味しいです。
軍艦の生のマグロの剥き身も二巻頂き、アナゴの姿のあぶりも二巻でお仕舞にしました。
・・・お寿司は要りませんので安心して頂きました。

中華料理、桂林の郷土料理などのお料理は暫くは匂いも嗅ぎたくない思いです。
胃が完璧に油でやられては嗚咽する息がどぶ臭い感じがします。
・・・もう暫くは中国とお料理は興味はなしになりソォです。
うがいと歯磨きをしっかりしても気になる匂いで香りの強い果物を頂いています。
胃薬とも通風の常備薬と併用して飲んでいますので我慢しています。
| しげよし | 20:57 | comments (x) | trackback (x) | 旅、海外旅行 |
帰国便もJAL便でしたので追加のも買い求めました。
帰ってきました。 その2.

寝付いたのが午前の三時過ぎでした。
帰りの交通は羽田空港から東名高速へ、更に130キロ先の沼津インターまでです。
速度も100キロ程度でしたが混雑も無いの二時間弱で到着でした。
大きな荷物を降ろして車は車庫に入れて、ご苦労様でしたと!!!

何とか無事に着きました。
広州のJALのカウンターでは帰りの航空券を丁寧に扱って頂いて感謝いたしました。
?何故?と思われますが遊び人が桂林の水と食事などで油に体が合わなかったのか?
疲れの為に疲労困憊でJALのカウンターで倒れてしまいました、今までにないことで私もびっくりです。
JALのゴールドのカードを出してマイレジーの加算とお願いを始めていたしました。
係りの日本の方がお世話してくれまして航空機の遅延の四時間をラウンジで休ませてもらいました。
その方は羽田空港からのお方で、実は娘が昔のCAをしていましたと話したら驚いていました。
尚の事に丁寧に帰り便の機内までも情報が届いていての心遣いには感謝しています。
帰りの帰国便は可なり飛ばして24時の少し過ぎには羽田空港に到着しました。
遊び人は一番後方の座席にマタマタ移り三時間を休ませて頂きました。
好きな機内食も頂かずにドリンコの水だけでした。
そんな後ろの座席の周辺は空いていました。
CAさんが真ん中の三席に横になったらと小さな声で話しかけてくれましたが其れは断りました。
序に機内販売のJALの限定販売のロクシダンのハンドクリームを次男の嫁さんに買い求めました。
この機内販売では可なり高価なのでしょうか残り全てをお買い上げしました。

中国の桂林のお土産は買うものが無いです。
ので個人用の健康茶とポットを買うテ有為度でした。

今年の11月以降に孫とタイランドに行く予定のリハーサルでした。
孫は女の子で今年四月から6年生です。
以前に娘の孫が二人で来たときのトラブルがあったので女の子の扱いは遊び人には出来ませんので、
父親の息子には同伴するようにと先ほどの夕食の時に伝えてきました。

大きなサプライズが有りました。
孫の高校が決まりましたと連絡が入りました。
特待生での入学だソォ〜です。
孫とも電話でお祝いの言葉を送りました。
序に娘にも喜びの言葉と大好きなハンドクリームも送ると話ました。
JAL便だったので買えたと話、何処に何時テ来たとの誘導尋問でした。
| しげよし | 21:24 | comments (x) | trackback (x) | 旅、海外旅行お土産 |
4度めの桂林に何時テ来ました。桂林の気温は28度でした。
帰ってきました。 その1.
22日の深夜に羽田空港に定刻の三時間を遅れて無事に帰りました。
行きは順調でしたエアーの座席は希望の2座席は取れてルンルンでした。
ツアーも現地の添乗さんも?チョッと聞き取りがおかしぃ日本語でした。
でも、判らなくはない話し方でしたがマァ〜コンナもんでしょう。
サブ、補佐で添乗していた人のほうが日本語はジョウジュデシタ。
広州の空港は相変わらずに広いです。
到着した108の所から延々と歩かされての入国検査です。
此処まで来るのに疲れてしまいます。

出口の所は成田空港と同じで狭くてお迎えのツアー会社のスタッフなどが待ち構えています。
此処から又バスのところに移動です、スーツケースを引きながら見覚えのある所を通過して行きます。
7から8年前とは然程変わらない景色でした。
此のバスで新幹線乗り場に向かいます、約一時間半のドライブです。
マタマタ移動で歩きです。
新幹線の駅も食うク並みの大きさです。
何故と思うのが当たり前です、
その応えは日本の新幹線とは形式が全く違うからです。
切符は思い立った時には変えません、全て予約制です。
乗り込む日にちと時間には身分証明書またはパスポートが要ります。
切符で入場しても更に荷物検査が有ります、空港波です。
・・・空港では更に厳しい制限が有りましたが事前にお知らせが有り簡単にクリアーしました。


更にトラベルが続きます。
新幹線は3号車の指定の座席でこれから約三時間のトレーン旅です。
走り始めて一時間あたりで景色が少しずつ山の形が変化してきました。
此の景色は遊び人は始めてでした。
旅の仲間達も皆さんは見て、驚いていました。
遊び人は桂林の観光は4度目でした。

今回は暑さには驚きました、最高気温が28度には驚きでした。
着替えは全て真冬のヒートテックでガードしていきましたので大変でした。
歩くだけで体はサウナに入っている状態でした。

続きはまた書き込みます。
| しげよし | 11:54 | comments (x) | trackback (x) | 旅、海外旅行 |
このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
<<前月 2017年02月 次月>>
PROFILE
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS
      
このページの先頭へ

SEO・SEM